123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-01-03 (Mon)
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
それでは早速33Sの総括を。

100-75-54-38-36-46 重賞2勝

勝利数は大台の100勝に乗ったものの、重賞以上のレースではアツくなれる馬が
いなく寂しいシーズンになりました。
でもまあ調教をサボる事が多かったのですが、意外とやれないことはないですね。
しかし100勝で8位だなんて、世知辛い世の中です。
今S以降は生産頭数も減らしますし、勝てるかどうか微妙な馬は今まで以上に
さくっと見切りをつける予定でいますので、トップ10入りは難しいかもですね。
34Sにトップ10入りすれば20S連続での事になるので何とかしたい気もありますがね。
どうなることやら・・・。

私はこんな感じで年末の忙しさの中、特にインパクトのないシーズンでしたが
馬主会の方は絶好調でして、勝利数、勝率、GⅠ重賞勝利数など主要部門は
全て1位という快挙でした。
馬主会員個人でも初重賞制覇や初GⅠ制覇などがあり素晴らしいシーズンでしたね。
その中で私は・・・。
う~ん、ダメなリーダーで申し訳ない、頭が上がりません。

あと特筆すべき点と言えば、種牡馬ランキングですね。
ノーザンダンサー系、ニジンスキー系がそれぞれ約10Sずつ制圧していたランキングに
変化がありました。
な、なんとシステム種牡馬のディープインパクトがリーディングを取ってしまいました。
EX種牡馬の活躍により、ユーザー種牡馬が押され気味とはいえ厳しい結果ですね。
全体では2位、ユーザー種牡馬の中では1位になったガルフシリウスはボールドルーラー系。
スペシャリストではありませんがしっかり結果を残してきました。
それぞれの種牡馬の獲得賞金が差のない状況になってきていますし、今S以降どうなるのかも
見ものですね。
私は時代の「変化」の中にいる事を楽しみたいと思います。
| 競馬伝説Live! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。