123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-09-20 (Mon)
7、8月と忙しい日々が続き9月になってもその忙しさは解消されません。
そのせいか、物事の判断が素早くなっている事もあり32Sの配合も全て決め終わりました。
いつもならゲーム内4月までに決めれればいい方なんですけどね。
雑になっている感は否めませんが気分的にはスッキリです。
それでは31Sの総括を。

98-90-60-41-34-56 重賞5勝

100勝にはあと2つ届かなかったものの満足のいく勝利数。
しかし、100勝馬主が6人もいるとは・・・。
GⅠは勝ち切れなかったものの重賞は5つ。
全部JRA芝重賞で、個人的にはリアルではメジャーどころの京都大賞典を勝てたのが
嬉しかったです。

馬主会ランキングは定位置の2位に戻ってしまいましたが今Sもここをキープ出来るように
したいですね。

種牡馬ランキングではイブニングデライトが2位、エターナルクラウンが10位にランクイン。
イブニングデライトは数の力で2位という結果ですが同馬主会のノホちゃんによって後継種牡馬が
出来たのが何より。
逆にエターナルクラウンは1頭の力によってランクイン。
こちらも同馬主会のインさんの中距離王者プロセクラウンが勝ちまくってくれたおかげ。

エターナルクラウンは現役時から思い入れがある1頭です。
GⅠは僅かの差で逃してしまいましたが重賞を3つも勝ってくれ、私自身の産駒としても
非常に優秀な仔をたくさん産んでくれました。
特にその中でもマラビリョッソは現役時はOP勝ちにとどまるものの母として
重賞馬を3頭も送り出してくれています。
今一番私のところで勢いのある牝系ですね。

そんなエターナルクラウンは15歳を迎えラストイヤーになってしまいました。
この世代は私にとって黄金世代で他にもアストルム(天皇賞・秋)、ペガサスマイスター
(BCクラシック)、マイリトルラヴァ(ベルモントS)の3頭のGⅠ勝ち馬がいたんですねぇ。
歴史を感じます。
またいつかこんな世代持ってみたいもんです。

最後に少しだけサーバー対抗戦の事について。
私の所属する阪神の代表馬は決定戦で名誉ある2着。
その代表馬がサーバーオリジナル系統だったって事実が嬉しいですね。
1つ個人的な意見を言わせてもらえば、やはりサーバー対抗戦の告知をしてから
生産をするスケジュールにした方が盛り上がるんじゃないか?という事。
間延びしてしまうという理由があるかもしれませんが、そこは運営さんの努力次第で
他のイベントを挟む等考えればいくらでもどうにでもなると思います。

それではみなさん今Sもよろしくー。
| 競馬伝説Live! | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。