12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-10-23 (Mon)
私は神戸新聞杯の回顧でこう書いた。

「注目したいのは3着のソングオブウインド。
 こいつは重賞の1つや2つは取れる器だ。
 これから追いかけても損はナイ(はず)!」

遠慮して書いたけど能力はGⅠ級だと思ってた。(今さらやけど)
そして菊花賞を勝ってしまった、ここまで強いとは・・・。
一応サムソン、ドリパスの3番手評価でここは入着程度かと。
そして次走で大勝負!という予定だったのに。
菊花賞馬の箔がついてしまった、もう旨味がない。
正直、チョーくやしぃ。

あとJRAはサムソンに3冠取らせる気なっかたね、
あんなレコード連発の馬場を作りやがって。
まあ、おかげでサムソンの複勝で大勝負せんですんだけど。
馬場を見て予想を変える勇気がなかった事が全てですな。
ふぅー、まだまだ甘いな・・・。
| 結果 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。