12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-05-01 (Tue)
青葉賞
◎ヒラボクロイヤル 1着
向こう正面でちょっと残念な事が起きてしまったがヒラボクロイヤルの
圧勝だった。
オーシャンエイプスに触れておくがパドックを見た時、以前よりも
かなり短距離向きの体形になっていた。マヤノトップガン産駒は
やはり短距離馬が多い。デビュー戦は1800mだったが、そこらへん
が限界か?

天皇賞・春
◎マツリダゴッホ 11着
マツリダゴッホはレースを見ると単純に距離が長かったんだろう。
それよりも勝ったメイショウサムソン、無印だ。
言い訳をすると昨年の菊花賞とはまったく違うレースだった。
ほとんどゆるむ事のない流れの中でサムソンは道中じっと我慢して
いた、持久力勝負だった。先に仕掛けたデルタブルースがあっさり
消えていったのがそれを物語っていた。菊花賞の反省を生かした
石橋騎手の好騎乗だ。ただゴール前は大接戦、レースレベルには
疑問符がつく。
しかしながら予想でもコメントしたようにここを勝ってしまったの
だから今後も勝ち続けるだろう。
何とも考えさせられるレースになってしまった。
| 結果 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。