12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-26 (Tue)
仏ダービー当日の朝、出走表を見て「不利枠か、どうせ勝てないしまあいいや」と外出。
そんな状態だから翌日の夜まで家を離れていたものの結果を気にもしていませんでした。
そして数時間前、期待もせずに一応レースリプレイ。

あ、勝ってる・・・。

なんかリアルタイムでレース見れないときに勝つのって不思議な感じ。
昨S、今SとGⅠに関してはモヤモヤするようなレースばっかりだったのでたまにはって感じで
プレゼントを貰ったような感覚です。
と、同時に期待してなかったオーラに対して申し訳ない気分になりました。
オーラは馬場適正がちょっと残念な感じではありますが、距離幅も狭いし貴重なネヴァーベント系、
あとは遺伝がどう出るかですね。

そして数日前に行われたダービー、カミカゼで出走していました。
密かに期待していたのですが4着でした。
う~ん、この馬フリレのタイムで走ってくれない馬みたいです、気性はSSマックスなのになぁ。
スポンサーサイト
| 競馬伝説Live! | COM(4) | TB(0) |
2010-01-23 (Sat)
今日は記事を書く予定ではなかったのですがお馬さんが頑張ってくれたので
私も頑張って更新。

1頭速い馬がいるのは分かっていてもひょっとしたら?と思いチルトザキルトをオークスに
出走させていました。
するとレースは直線に入ると、私の馬がグングンと抜け出します。
お、と思った瞬間、やっぱりあの馬が迫ってきました。
結果はハナ差差されたところでゴール、ハナ差だと悔しさ倍増ですねぇ。
でもこの馬の持ってる力は出し切ってくれたので仕方ないです。

明日はダービー、カミカゼで出走します。
このカミカゼは前走の青葉賞で今日のオークス馬の2着、この時は力を出し切れていなかった(はず?)
なので、本番はいい走りを期待したいところです。

それにしても昨Sの生産はクラシックを意識した配合は7頭しかつけていなかったのに、桜花賞を除く
3レースにそれなりの馬で出走させれたとは出来すぎです。
1着という結果があればもっと良かったんですけどね。
| 競馬伝説Live! | COM(0) | TB(0) |
2010-01-22 (Fri)
前回書いたように阪神サーバーの種牡馬についてとりあえず思うままに書いていきます。

どうしようかなぁと考えて思いついたのがユーザー種牡馬系統別ランキング。
種牡馬というより系統に注目してみる事にしました。
種牡馬ランキング100位以内に入っているシステム種牡馬を除いた系統別ランキングを作成。
システム種牡馬を対象外にした理由は、あくまでユーザー種牡馬の傾向を計る為です。
101位以下の種牡馬も対象外(というか調べるとなると大変)ではありますがご了承頂きたい。
そこまで大きな影響はないと思いますので。

では26Sユーザー種牡馬系統別ランキングです。

系統 賞金(万円) GⅠ 重賞
1位 ノーザンダンサー 518935 13 30
2位 ニジンスキー 476975 5 18
3位 ミスタープロスペクター 312440 4 16
4位 ボールドルーラー 152780 4 12
5位 リボー 132640 4 8
6位 ロベルト 118135 4 9
7位 バックパサー 115150 3 9
8位 ヘイロー 104510 5 7
9位 キングオブキング 73215 0 3
10位 ティルゼロス 41395 1 3
11位 ハイペリオン 29665 0 1
12位 レッドゴット 22905 0 1
13位 リュティエ 22100 1 3



このような結果になりました。
1位、2位に関しては当然のような数字ですね。
ノーザンダンサー系は古くから圧倒的な実績を残しており、それに迫ったニジンスキー系。
ただ、25S以前の事ははっきりとは分かりませんがひょっとしたらニジンスキー系はビフレストが
全盛期に逆転している時期があったのかもしれません。
そして27Sはニジンスキー系の方が勢いがすごいですね。

他にも上位を占めているのはやはりニックスの使いやすい系統。
阪神サーバーオリジナル系統がランクインしているのも嬉しい事です。
実はヘイロー系はシステム種牡馬込みで考えるとかなり上位にきます、ディープインパクト、
アグネスタキオン、サンデーサイレンスの3頭だけでも合わせて20億を超える賞金額です。
リアルでは日本で主流血統のサンデーサイレンス、そんなヘイロー系ユーザー種牡馬の巻き返しに
期待したいですね。

なんかこれ調べてみて思ったんですが1S分だけ切り取っても虚しさを覚えたので気力があれば
来S以降もやっていこうと思います。
そして来Sまでに各系統についてそれぞれ書きたいことがたくさんあったので系統別に書きます。
とても1回じゃ書ききれないんです。

とりあえずこんな感じでやってみました。
私はこのようなランキングを見るだけでも楽しいと思うタイプの人間なんですが、みなさんはどうでした
でしょうか?
何らかの参考になれば幸いです。
そして良かったら感想もお待ちしております。
| 競馬伝説Live! | COM(0) | TB(0) |
2010-01-20 (Wed)
何だかんだで重賞に出走する馬が意外といるもんだなぁ。
皐月賞の惨敗からアンタレスS、フローラS、青葉賞と3つのレースに出走させました。

アンタレスSには善戦マンで昨Sの2着馬ロケットダイブを出走させる予定でしたが
急遽予定を変更しスコーピオンで出走。
ロケットダイブよりも速く安定度もあるので変更したんですがだいぶ遅いタイムで走ってました。
結構がっかりでした。

フローラSに出走したオープンハートは見せ場もなく惨敗、左周り苦手なのすっかり忘れてた。
ちなみに勝ったのは同馬主会のさまー、おめでとう。

青葉賞はカミカゼで出走し惜しくない2着でした、悪い方のタイムで走ってました。
ここのところいい方のタイムで走る馬が多く、そのツケが回ってきてるのかな。
本番では実力を発揮して欲しいですね。

昨Sから重賞への出走が以前の低迷期よりかなり増えました。
重賞出走するって言っても私は基本的に記念出走はしません。
それだけ私の馬のレベルが底上げされたのかな?と思っています。
これは計画していた繁殖の質の低下の改善が上手くいったのが理由だと思っていたのですが
それと同時期に行った生産の取り組み方の変更も一因なのだと思います。
アウトニックスしとけって話なんですよねぇ。
ただ、これを続けていると優秀な公開馬が多いとはいえ、どうしても使いたくなる種牡馬の系統が
何種類かに偏ってしまうのも事実です。
これまでは系統のバランスを考えながら配合してただけに、今の様な行き当たりバッタリの配合では
未来が危ういような気もしています。

阪神サーバーは多種多様な公開種牡馬がいるんですからいろいろ使わないと勿体無いですしねぇ。
それぞれの系統の繁栄を見るだけでもこのゲームは楽しいもんです。
そこで阪神サーバーの公開種牡馬を私の独断と偏見で、そして私なりの切り口でそのうち記事を
書いてみようと思います。
前から阪神サーバー全体での事を記事にしたいなとは思ってたんですがあれこれ他人の馬の事を
勝手に書くのもどうかなぁと思っていた部分があったんですが、競走馬はともかく公開種牡馬に関しては
みなさんが送り出した阪神サーバーの貴重な財産だと思ってますので、なんらかの形でみなさんと
さらに共有出来ればと思い、書く予定です。
(あくまで私の個人的な意見です。)
| 競馬伝説Live! | COM(2) | TB(0) |
2010-01-18 (Mon)
う~ん、皐月賞は9着でした。
勝つのは難しいとは思ってたんですが、正直掲示板も外すとは・・・。
まぁこのタイムなら仕方ないですねぇ。
またいつか大好きな皐月賞に挑戦出来る馬を作りたいと思います。

それよりも現実的な問題として古馬で戦える馬が欲しいですねぇ。
| 競馬伝説Live! | COM(2) | TB(0) |
2010-01-17 (Sun)
Live!スポーツ阪神版に載りました。
阪神サーバーで記事になったのはこれで3度目。

1度目は一面のGⅠレースの記事の2着馬としてw(エストゥペンド)
2度目は注目の2歳馬シリーズの1頭として。(桜花賞馬フェスティヴナイト)
で、今回はGⅡではありますが一面でスプリングS勝ち馬のオーラ。
一面一面って言ってますが一面しかないんですけども。
記事の中でコリエ騎手がテンション高く皐月賞へ向けていろいろ語ってくれています、
しかぁーし、皐月賞はレコバ騎手に乗り替わりなんですw

よく考えてみると私はEX種牡馬産駒で重賞勝ったの、フェスティヴナイト以来なんですねぇ。
このオーラの世代は貯めに貯めたEX種牡馬を使いまくった世代(7頭だったかな?)なので幸先いいな。
ほかのEX種牡馬産駒もこれに続いて欲しいもんです。

オーラの本番、皐月賞はあらゆる運がこっちに向いてくれないと厳しいでしょうが楽しみに見ましょう。
しかしジークレストさんも書く事ないなぁと思ったらいいネタを提供してくれたなぁ。
| 競馬伝説Live! | COM(0) | TB(0) |
2010-01-15 (Fri)
今日は結構勝ってくれると思ってたんですが1勝しか出来ませんでした。

重賞にも2頭挑戦させたのですが、マーチSに出走したロケットダイブは最後ちょこっと
交わされて2着。この馬は善戦マンっぷりを発揮させてくれています。
既に重賞を1つ勝ってくれてはいますが、正直重賞には少し足りないレベルの馬。
こういう馬に限ってピークが長いもんです、まぁきっちり賞金稼ぐんですから馬主孝行な馬ですね。

もう1頭は毎日杯に出走したオープンハート、こちらは3着でした。
ひょっとしたら?と思い格上挑戦させたのですが勝ち馬が強すぎました。
勝ち馬が皐月賞に出てくるなら楽しみな1頭ですね。

私が注目してた若駒Sの1、2着馬も弥生賞、若葉Sと各トライアルをきっちり勝利してますし
本番には他にもいい馬がいることでしょう。
私も出走させる立場から言うとメンバーが集まりすぎたなぁという印象ですが、1阪神サーバー
ファンとして見れば面白い皐月賞になりそうです。
| 競馬伝説Live! | COM(2) | TB(0) |
2010-01-14 (Thu)
スプリングSに出走したオーラ、私が思っていた以上の結果でした。
終わってみれば完勝、オーラ自体はどうか分かりませんが不良馬場だったので
道悪苦手な馬が多かったのかもしれません。
わりと緩めの仕上げだったので皐月賞では万全の状態で出走できます。
昨S2着の雪辱を果たせれば言う事なしですが、現時点では重賞勝ちの箔がつき
有力馬の1頭に名乗りを挙げた程度でしょうか?
クラシックを意識した生産が少ない中、2S連続で重賞勝ち馬を私の大好きな皐月賞に
送り込めるなんて馬主冥利につきます。

| 競馬伝説Live! | COM(3) | TB(0) |
2010-01-13 (Wed)
この頃はホント寒いですねぇ。
冷え性な私はいつも冬になると手の感覚が無くなります。
こうやって文字を打ってる指の感覚も厳しいものがあり打ち間違えが多く大変です。

まこにょん厩舎もさむい状況が続いてるのですが、少し期待出来るかな?程度ですが
そんなお馬さんが現れました。
やはりこの時期は早熟馬の成長度合いに一喜一憂させられます。
思っていた以上に指数が伸びたオーラ号、スプリングSに出走させます。
個人的には勝ち負けを期待出来ると思っているのですがどうなるのでしょうか?
ここの結果によっては昨S2着と涙を飲んだ皐月賞へ少しだけ期待が膨らみます。
あとは1ヶ月でどのくらい指数が伸びるかですねぇ。
とは言え、ちょろっと見ただけでも若駒Sの1、2着馬はかなり速そうですし
皐月賞自体には出走してもやはり脇役っぽいですね。

馬主会の方も新たなメンバーが加わりました。
既に重賞勝ちの経験もある方なので更なる飛躍を期待しております。
競馬伝説を休止中のメンバーもいますが、まずは定位置となりつつある馬主会ランキング
2位を維持出来ればなと思ってます。
| 競馬伝説Live! | COM(0) | TB(0) |
2010-01-08 (Fri)
いやぁリアルの年末年始とゲームの年末年始が一緒に来るとここまで大変とは・・・。
1月中には1頭しか2歳馬が産まれていません。

そしてやっと27Sの配合を決め終わりました。
今Sは種牡馬を中心に考え配合しました。
ちなみに候補に挙がった種牡馬は55頭、多すぎます^^;
繁殖牝馬は35頭しかいないんですけどね・・・。
様々な種牡馬を使ってみたいんですがこればっかりは仕方ないです。
あとは成長型や得意距離での頭数のバランスを取るのが大変でしたね。
個性も考えるのが面倒で完全無視しております。
私が一応得意としている中距離(2000m前後)あたりが少なく配合されてるので
大コケまでありえるギャンブル的なシーズンになってます。
産まれて来た仔達は1つでも多く勝ち上がれるようにしてあげたいですね。
大物も1頭居てくれたらうれしいなぁ。

さてゲーム内の成績はというと今Sも順調に勝利数が伸びております。
年末までこのペースでいけたら言う事なし。
ただ、重賞戦線の事を考えると昨Sに比べると寂しい感じなので救世主が現れることを
願っております。

あとですね、ひっそりと馬主会のリーダーになりました。
お飾りリーダーなので特に変わりはないですが、馬主会内外かかわらずお付き合いのある方、
これからお付き合いがあるかもしれない方々、今後とも宜しくお願い致します。
| 競馬伝説Live! | COM(0) | TB(0) |
2010-01-03 (Sun)
明けましておめでとうございます。
本年も当ブログとまこにょんを宜しくお願い致します。

私の年末年始は雪の影響で高速道路が通行止めになったおかげでスケジュールを
二転三転させバタバタしておりました。
そんな中、嬉しいニュースが飛び込んでまいりました。
な、なんと我らがサンフレッチェ広島がアジアチャンピオンズリーグに出場決定しました。
いやぁ正月からめでたいめでたい。
ありがとうガンバ大阪。
これで今年は国内リーグとACLで戦う事になりました、もちろんいい結果を期待したいですが
今の戦力でこの1年を戦い抜けるかどうかの方が心配です。
まぁ、せっかくの機会ですから楽しみましょう。

さてそれでは26Sの結果です。

91-63-58-29-35-56 重賞6勝

91勝ですか、こりゃ凄い。こんなに勝てるとはねぇ。
でもこれで7位、上には6人もいます。さらに凄いわ。
そして重賞も6勝、よく頑張ってくれました。
でも前半のペースを考えたらもっと勝ってくれるのかなぁと思ってたのですがそこまでは
甘くありませんでした。
唯一残念だったのがGⅠを勝てなかった事。
ポーカーフェイス、シュンカシュウトウの2頭でGⅠは2着3回3着3回、惜しかったなぁ。
相変わらず勝負弱い厩舎みたいです。
でもまぁ全体的には非常に満足出来たシーズンになりました。
途中で変なアップデートがありましたが・・・。

27Sはとりあえず重賞を1つ勝てるように頑張っていきます。
上記の2頭は既に引退済だし、どうだろうなぁ?
| 競馬伝説Live! | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。